乳がんになりました。ぽぽです。

2007年10月20日

はじめまして。
乳がんという病気、ご存知ですか。

私ことぽぽは2007年5月に乳がんを見つけました。
自己触診でという言い方もありますが、全くの偶然です。

それまで、いろいろな雑事でバタバタしていましたが、ふっと
落ち着いた時になんだかヘンなしこりが手に触りました。

ちょっとヤバイかも・・。

それがきっかけで乳がんの発見に至ったというわけです。

充実腺管癌という種類のガンでした。
ステージUa

発見時のしこりの大きさは約2cmでした。

それからというもの、検査・手術・追加治療と乳がん患者が
通るコースを一通り通っているところです。

現在はいわゆる抗がん剤(化学治療ともいいますね)の
治療を開始した所で、これからさまざまな副作用と
直面することになると思われます。

乳がんにかかるのは、特定のリスクを持った人だけでは
ありません。

いまや、家族に乳がんの経験者がいなくても乳がんに
かかる人はたくさんいます。

そんなことさえ、自分が乳がんにかかる前には思っても
見ないことでした。

そして、数多くの乳がん仲間との出会い。

そんなところも乳がんにかかってしまった自分を支える
大切な1シーンとなっています。

病気になる前は、フルタイムの仕事をしていましたが、
現在は治療との兼ね合いもあって休職中。

この、休職という決断をするのだっていろいろ考えました。

でも、乳がんは神様が私に与えてくれた貴重な時間
なのです。

私が乳がんにならなければ気付かなかった、さまざまな
事も神様がくれた時間があってこそなのだと思います。

リアルタイムでお届けする乳がん治療と患者の心の動き、
お読みいただけたら幸いです。
タグ:乳がん
posted by ぽぽ at 13:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己紹介

気になる体調

2008年10月17日

私の乳がんのタイプはホルモンに影響されるものです。
エストロゲン、プロゲステロンともに+。

だから、現在はホルモン治療中でノルバデックスを
服用しています。

となると、気になるのは月のもの。

抗がん剤をはじめた翌月から生理が止まり、「これは
楽だ」と喜んでいたのですが、先月、抗がん剤治療の
終了から半年で再開したらしい出血がありました。

ホルモンの分泌はとめてるはずなのに、何で?

とは思ったけど、年齢的には再開も仕方が無いようで。

一度ストップしたものがまた始まるときっていうのは、
量が多くて大変だという話を聞いていたので、
初日はドキドキでちょっと眠りも浅かったかも。

安心して寝ていられませんでした。

実際、4日間くらいはこれまでにない量で、あわてて
ナイト用を買いに行きました。

・・これも、注射を始めたらすぐにいらなくなってしまう
のだろうなぁ、なんて思ったのですが、とにかく初回を
乗り切らなくちゃ。

かかっている病院に電話したら、今月は何もする事なし。
また次にあったときに「再開」と判断して対応しますとの
ことでした。

リュープリンの注射は痛いというウワサだけは知って
いるのだけど、まだ体験していないから、頭の中だけで
どれだけ痛いのだろうと想像の世界です。

先日、主治医に会った時には、当日いきなりじゃあ注射開始
って事になるのかとびくびくしていたのですが、
当日の注射はありませんでした。

でも、やはり2年間はとめておきたいのだそうです。

それって、再発しやすい期間だからなのかな。

2年間といわず、このままずっと止まってほしいんですがと
言ったところ、しっかり否定されました。

女性ホルモンが身体のバランスに対して持っている
作用を考えると、このまま止まってしまうのは今後
20年、30年先を考えると、身体に負担がくるから
ということでした。

目先のラクチンに惑わされちゃいけないんだなぁと
実感。

次の診察は3ヵ月後の予約だけど、それまでに出血が
あったら即注射に来るように言われました。

でも、周期的にはこないようなので、それはそれで
わからないから不便だ・・・。





今日は雪だるまさんのJr.くん、無事終わったかな?
早い回復をお祈りします。
タグ:乳がん 生理
posted by ぽぽ at 03:45 | Comment(9) | TrackBack(0) | 自己紹介
乳がんになる人は日本人の女性の20人に一人と言われています。
そんな乳がんに、かかってしまった、発見してしまった、ぽぽが乳がんの体験をつづります。乳癌なんて誰か知らない人がかかる病気という時代は終わりました。・・少なくとも私には。
乳癌にかかったら、どうしたらいいか。乳がんを調べる方法は。乳がんの治療にかかる費用はいくらぐらいか。そして、乳がんにかかる前に知っておきたかったあんな事、こんなこと。少しずつですが、全ての女性に向けて乳がんの情報をお知らせしていきます。ピンクリボン月間も根付いてきた日本で、乳がんについてちょっとだけ知っておくこともオトナの女性の基礎知識かもしれません。
プライバシーポリシー
リンク
高齢出産 マッサージ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。