がんの再発を防ぐ食事

2009年04月10日

仕事帰りにふと立ち寄った本屋さんの店先に、「栄養と料理」
だったかな、雑誌が積み重ねられていました。

なんとも偶然なことに、「がん特集」。

大体、がんの特集で食事関係の本といえば、抗がん剤や
放射線などの治療のために食事を工夫しましょう、
みたいなものが多いので、今回もそんなものかなと
思いましたが、表紙に「再発を防ぐ食事」とあるじゃないですか。

がんを防ぐ生活習慣なんてかかれたら、つい手に取ってみちゃいますよね。

今まで読んだがんの人向けの食事の本といえば、HANAさん
掲示板でもNo.1になっていた、「乳がんの人のためのレシピ」


ごめんなさい。↑画像がつきませんでした。

この本もなかなかお気に入りなのですが、パラパラと「栄養と料理」
も立ち読みしたら、なんだか使えそう。


がんになるのが食生活をはじめとした生活習慣によるものなら、
がんの再発も食生活に起因するんじゃないかというトーンで書かれて
いるようです。

私自身も、それだけじゃないでしょ、と思ってはいるけど一般的に
健康の為に良いといわれている減塩なんかは取り入れてみようかなと
思ったのでした。

もうそろそろ乳がんを発見してから2年になります。

毎日薬は飲み続けているけれど、再発の心配が完全に無くなって
いるわけじゃありません。

そんなとき、こんな本にあってしまうとつい引き寄せられてしまうのは、
単なる弱さか、それとも勉強熱心といっていいのか・・。

普段は、ほとんど乳がんにかかったことや再発の事なんて気にせず
生活しているのにね。
タグ:がん 再発 食事
posted by ぽぽ at 05:12 | Comment(6) | TrackBack(0) | 乳がん体験日記

インフルエンザ

2009年05月02日

話題になっていますね。

新型インフルエンザ。

うちの周りでも、ドラッグストアからマスクというマスクが消えてしまっています。
きっと近くの誰かがマスクを買い占めてしまったのでしょう。

楽天やケンコーコムなどのマスクも軒並みメーカー欠品だということです。

むかーし昔、ある国に起きたオイルショックを思い出しますね。
トイレットペーパーがなくなるかもしれないという情報(デマ?)が
流れて、みんながトイレットペーパーを買いだめしてしまった為、
あっという間に本当にトイレットペーパーの品切れがおきました。

このような状況の中では、自分の身を守るためにマスクが必要なのは
わかります。

でも、街中で売っているマスクがなくなった結果、本当にインフルエンザ
にかかった人がマスクを買うことができなくなったとしたら、
どんな結果になるか、わかりますよね。

新型インフルエンザにかかったという自覚があれば、それなりに
発熱外来などの受診ということになるのでしょうが、
風邪を引いただけだと思っていたら、マスクが売っていないので
しかたなく、何もせずに公共の場を出歩くことになるでしょう。

私は今、定期的にノルバデックスをもらうために、また、ゾラデックスの
注射のために病院に通っていますが、それですらちょっと怖いですね。

会社で手に入れた資料によると、N95とかいうマスクは、医療機関向けの
特殊なマスクで、一般の人が使い方も把握せずにつかっても
その効果を感じることはできないのだそうです。

テレビで見た防護服の研修会は、防護服を着るのではなく、脱ぐ為の
練習のようでした。

いかにウィルスに接触せずに防護服を脱ぐかというのがポイントなのだ
そうです。

マスクを買いそびれてしまったので、当面は手洗い、うがいに睡眠を
よくとって対応です。
posted by ぽぽ at 16:12 | Comment(4) | TrackBack(0) | 乳がん体験日記

がん患者と仕事の間で

2009年06月04日

気がつけば、もう1ヶ月も記事を更新していませんでした。

バタバタと流されて仕事の波に飲まれようとしています。

今、こうして仕事にかかわっていることは、乳がんを告知された頃には
まったく想像もできませんでした。

ほとんど、毎日の飲み薬と月に1回の注射の通院を除けば
以前と変わらないような生活です。

抗がん剤や放射線の治療に通っていた頃は、とにかく仕事をつづける
というよりは席だけ取っておいてくれればいいやという気持ちでした。

それが許される仕事環境だったことは恵まれているのかもしれないですね。

でも、ときどき仕事が中心の今の生活でいいのかなと不安に思う
こともあります。

もう少し心と身体のデトックスをしたほうがいいんじゃないかしらとか。

なにしろ、がん患者が(と一般化して言っていいのか疑問ですが)
仕事を続けることは全く無理が無いとは言い切れないのですから。

でも、仕事がなくてボーっとしているより、少々忙しいくらいの仕事が
あるほうが私は好きです。

社会に参加している実感というのでしょうか。

働き者というわけではありません。

仕事を休んでいると、病院に行かない日はひたすらぐうたらを決め込んで、
できる家事も手抜きをしてしまうほど怠け者だった私です。

ゴムがのびきったみたいなへろへろ状態・・。

一応、仕事に行くとなればそれなりの格好はしなくちゃいけないし、
時間を気にする生活になるからメリハリがつくし、いいこともあるわけです。

やっと社会の一員に戻れたというような気もします。

だからと言って、これから社会の役に立つリッパな人間になろうなんて
殊勝な気持ちにはなれませんけど。

まあ、今のところ元気です。

もうすぐ術後2年目の検査を控えています。
posted by ぽぽ at 22:48 | Comment(5) | TrackBack(0) | 乳がん体験日記

もうすぐ2年経過

2009年06月30日

何も書かないまま日にちだけが過ぎてしまいました。

もうすぐ手術から2年が経つということで、7月からたくさん検査の予約が
入っています。

骨シンチ、腹部超音波、血液検査、肺のレントゲン、乳房の超音波、
マンモグラフィー。

すべての検査が終わると主治医の予約が入っていて2年目の
検査結果を伝えられる予定です。

もともと細い私の血管は、抗がん剤の点滴でさらに使いにくくなり、
通常の健康診断で血液検査をするのにも不便になってきました。

これ以上、血管をいためるようなことはしたくないなあというのが
本音です。

かといって、採血だけとはいえ、患側には針を刺すのは避けたいですよね。

かつて、私の母ががんにかかったときに強く印象に残ったのが、
血管が細いと病気になったときに苦労するという事でした。

その苦労をよもや自分が味わうとは考えもしなかったものです。

この2年間、たくさんの方と出会い、お話を聞き、自分の話も聞いて
もらってきました。

同じ病気の人がどれだけ多いか、知らなかったこともわかるように
なりました。

きっと、まだ私の知らないことが世の中にはたくさんあるんだろうなあと
思います。

大変な事も多いけど、神様は乗り越えられない苦労は与えないと信じて
頑張ります。

無事3年生に上がれますように。
posted by ぽぽ at 14:36 | Comment(4) | TrackBack(0) | 乳がん体験日記

健康に暮らせる家

2009年07月11日

このところ、実家が建て替えを検討しているのに便乗して
建築や収納に関する本ばかり読んでいます。

最近のニュースで長期優良住宅のローン期間は50年まで
認められるなんて話も聞きますが、やはり高断熱・高気密の
住宅はいいみたいですね。

省エネにもなるし、身体にもやさしいし。

北海道の住宅は日本の中では技術的にすすんでいて、
断熱がシッカリできているのだそうです。

学生時代に北海道出身の友達が冬でも家の中では
Tシャツ一枚でいられると言っていたのですが、本当
なんですね。

そんな中、見つけたのが下の本です。



がん患者に学ぶとありますが、住宅関係の本の中に

並んでいました。

この本を読んでいると、家があたたかく暮らせると言うのは
身体にもストレスが少ないんだなあと思えます。

それと、やはり免疫力です。

ガンにかからないと言うよりも、がん細胞ができても
免疫力でやっつけちゃう事ができるような生活の工夫が
書いてあります。

この手の本はまあいろいろあって、書いている人が良いと
信じている事がすすめられているのはみんな同じです。

でも、ガンになりやすい生活となりにくい生活を並べて
見せられると結構思い当たるふしがあるんですよね。

どこかで見かけたらついでに読んでみてください。

posted by ぽぽ at 04:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 乳がん体験日記

2年目検診

2009年08月13日

9日のオフ会に続いて、11日は2年目検診の結果を聞く日でした。

最近、ブログの更新をサボっているので、とりあえずご報告。

スケジュールの関係で歯医者の予約も同じ日になってしまったため、
病院から病院への移動に大忙し。

タイムトライアルのようでした。
すべての検査結果は○。
転移、再発など見つかりませんでした。
一安心といったところです。


さて、現在続いている治療はホルモン治療だけなのですが、
その内容も変化が見られました。

まずはゾラデックス。

ゾラデックスは月に1回の注射なのですが、普通は乳がんの術後2年間
継続すると聞いていました。

今回の診察で無事2年をクリアしたので、終わらせてもいいよというお話。

私は、てっきり注射を打ち始めてから2年間だと思っていたので、ゾラデックス
の利用期間については予想外。

念を入れて治療するならもう一年延ばしてもいいとのこと。

さらに、リュープリンの3ヶ月製剤の利用もできるとかで、一気に
選択肢が広くなりました。

ホルモン注射も1ヶ月に1回よりは3ヶ月に1回で済むほうが、通院も
含めて楽になります。

それから、飲み薬のノルバデックスですが、これもジェネリックのタスオミンに
変更しても良いとのこと。

ノルバデックスに比べると、タスオミンのほうがお薬代も半分くらいですむとか。
ジェネリックはお財布にやさしいのを実感しました。

これから、主治医にもらったパンフをよく読んで、ジェネリックに変更するか
それとも今までどおり行くか、検討する予定です。

ゴールデンウィーク以降、いろいろあってちょっと余裕がなかったのですが、
なんとかフッカツできそうです。

posted by ぽぽ at 02:34 | Comment(4) | TrackBack(0) | 乳がん体験日記

乳がん患者の新型インフルエンザ対策?

2009年08月20日

乳がんの患者は新型インフルエンザにどう対処したらいいのでしょうね。

日本癌学会の発表が厚生労働省のHPに出ていました。

乳がんだけが対象ではありませんが、それによると、

今般、世界中で新型インフルエンザが流行いたしております。
がん患者さんは一般に免疫状態が十分でない方々が多く、
新型インフルエンザに 対してもハイリスクグループ群として
お考えいただき、日常診療におかれましても、 より一層
周到な感染予防対策や診療をお願いいたします。

と書いてありました。

乳がん治療中のことを考えると、(今も治療中ではありますが)
抗がん剤にしろ、放射線にしろ、免疫力が落ちているのは
誰の目にも明らかでした。

こんな状態で新型インフルエンザが大流行しようものなら、やはり
準備はしておくに越したことはないようです。

でも、ホルモン治療中の今、とりあえず白血球数は従前のレベルまで戻り、
それ以外の免疫力に関する項目はよく知らないという状態で、新型
インフルエンザに対してどんな備えをすると良いのか、よくわかりません。

上記の文を読むと、癌にかかったことのある人は全般的に新型インフルエンザ
には注意をしておいたほうが良いとも読めそうです。

乳がんのホルモン治療は強い副作用にはいたらないものの、やはり
薬を投与しているわけだし、身体に影響が出ていることを考えると
抵抗力の弱い高齢者や乳幼児並みには考えたほうがよいのでしょうか。

まずは手洗い・うがいで例年のインフルエンザ対策をしておこうかなと
思います。

春に新型インフルエンザがフェーズ●なんて聞いていたころは、
まだまだ遠い先の話のように思っていましたが、夏の暑い時期でも
これだけ感染者が増える新型インフルエンザだと思うと、やっぱり
マスクの買い置きくらいはしようかと思うわけです。

・・なんて言ってももうマスクはあまりお店にないんだけど。

一乳がん患者としての考えを書きましたが、私も医療の専門家では
ありませんので癌患者はどうするべきとはいえません。

でも、もともと免疫力が落ちているから癌細胞がひろがったという
「体質」なのだとしたらやっぱり要注意ゾーンかなあと思うのですが・・。

posted by ぽぽ at 06:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乳がん体験日記

アロマテラピー

2009年08月23日

HANAさんの掲示板で紹介されていた、アロマテラピーの
講習会に参加することにしました。

乳がん患者の為のアロマテラピーということで、乳がんに
なってからちょっとアロマテラピーが怖くなっていた私も
ちゃんと勉強しようかと思ったわけです。

というのも、以前、妊娠中には向かないアロマテラピーが
あるというのを聞いたからです。

妊娠中はホルモンに影響する一部のアロマエッセンスは
使ったら良くないのだということでした。

だったら、ホルモンの影響を受けるタイプの乳がんだって
同様に使ってはいけないアロマエッセンスがあるんじゃ
内科と思ったからです。

でも、乳がん患者の為のアロマテラピーの本なんて、
なかなか見つかるものじゃないし、わからないものには
近づかないでおこうというわけで、もともと興味のあった
世界ですがほったらかしになっていました。

でも、今度の講習会の先生はアロマテラピストであり、
「ガンを癒すアロマテラピー」という本も書いている方の
ようです。

ちゃんと教わって正しく使えはアロマテラピーもイライラ
ぐずぐず続きの生活を変えてくれるんじゃないかと
期待しています。

なにしろ、眠れないから始まって、中途覚醒で真夜中の
2時頃に目が覚めてしまったり、朝もボーっとしているから
誰もいない部屋にエアコンを付けっぱなしで出かけたり。

・・夕方帰ってから「あれ?なんか玄関が涼しい」と
気がついたりすることが何度も続き、イヤになっちゃいます。

部屋が片付かないのも、もしかしたら天然の片付けベタ
のせいかと思いつつも、いやいや、きっと飲んでいる薬の
影響だと責任をなすりつけたりという今の生活を
ちょっとでも見直せるようになりたいなあというのが
セミナー参加の目標です。
posted by ぽぽ at 06:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乳がん体験日記

睡眠不足

2009年08月29日

近頃、かなり睡眠不足です。

・・こんな時間にブログを書いていることからもわかって
しまいますが、いわゆる途中覚醒形の睡眠障害とでも
いうのでしょうか。

いつもどおり子供たちと10時くらいには寝るのですが、
1時とか2時にはもう目が覚めてしまいます。

ふつうなら途中で目が覚めたらまあ、トイレにでもいって
また寝るかとなるのですが、寝付けない。

仕方がないからモゾモゾと起き出してパソコンをみたり
雑誌やカタログなんかを見て時間をつぶしています。

でも、眠れなくなってからそろそろ1ヶ月。

仕事中についウトウトしてしまうこともあって、ちょっと
ヤバイです。

前回の主治医の診察の時に、睡眠薬を出してもらう
はずだったのですが、おしゃべりしている間に忘れられて
しまったようで、会計の時に気がついたけど結局
お薬ももらわないまま帰ってしまったのでした。

なんせ、暑い時期だから、初めのうちはまた寝苦しくて
起きちゃったくらいにしか思っていなかったのですが、
どうもそうではないらしい。

ずいぶん前にもらったレンドルミンなんかを引っ張り出して
飲んだりしています。

でも、同じ睡眠薬といっても入眠にきくものと長時間きく
中途覚醒向きのものがあるらしくて、レンドルミンで
いいのかなぁと思ったりもします。

次回、診察に行ったら絶対にお薬もらってこなくちゃ。

気分的には心療内科にかかった方がいいのかなと
いう感じもしますが、お薬の飲みあわせなんかも
気になるので、初めから説明するのが面倒なんです。

ホルモン療法の副作用でもあることだし、主治医に
言えばいいかなと。

女性ホルモンって、肌の調子だけじゃなくてこんなところにも
作用しているんですね。

気分が落ち込むのも女性ホルモンが減っているせいだし、
人間の体のバランスの不思議さを見た気分です。
タグ:睡眠
posted by ぽぽ at 04:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乳がん体験日記

リュープリンに変更

2009年09月07日

これまでホルモン注射はゾラデックスだったのですが、今回から
リュープリン(3ヶ月製剤)に変えてもらいました。

というのも、2年目検診を終えて、当初予定のホルモン注射2年間
をクリアしたからです。

前にも書きましたが、ゾラデックス2年間というのは、手術から始まって
2年間ということでしたので、ゾラデックスを打ち始めてから2年間と
いうわけではないのだそうです

それでも、ホルモンを栄養にしているガンの場合、念のために
注射の開始から2年間というのも選択肢にあるようでして。

ちょうどそのタイミングでジェネリックであるリュープリンを
すすめられたので、思い切ってリュープリンに変えてみたと
いうわけです。

それで、ゾラデックスとリュープリン、どちらが痛いかという話ですが、
私の経験から言うとリュープリンのほうが痛いです。

ゾラデックスよりリュープリンのほうが液状だし、針は細いの
ですが、ゾラデックスはいたいのを見越して先に麻酔の注射を
してくれていたので、麻酔なしのリュープリンのほうが痛いと
いうのも当然でしょうか。

それと、注射のあとも、ゾラデックスのときはなんともなかったん
だけど、リュープリンの注射の跡は翌日くらいまで子供が
膝に座って寄りかかってくると逃げていたくらい、触るだけでも
痛みを感じました。

注射のあとの出血はリュープリンのほうはほとんどなかったん
ですけどね。

ちなみに、リュープリンのお値段ですが、3割負担で26,319円
でした。

ゾラデックスと比較すると、リュープリンのほうが高いですが
(ゾラデックスは3割負担で14,262円)回数が3ヶ月に1回に
なるので、年間トータルするとリュープリンの3ヶ月製剤の方が
安くなるという訳。

ジェネリックは新薬と違って開発費が含まれない分安いと
いうけれど、同じ成分と言われても名前が違う薬には何か
違うところがあるんじゃないかと心配してしまうタチなので
飲み薬であるノルバデックスは変更せずに続けることにしました。

心配性は病気と違って性格だから直しようがないですからね。
posted by ぽぽ at 00:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乳がん体験日記

ピンクリボンウォーク

2009年10月04日

ピンクリボンウォークに行ってきました。

と言っても、参加したわけではく、ピンクリボンウォークの
会場までは行ったのですが、そこからウォークの皆と
一緒にスタートして、そのままオフ会という流れでした。

もちろん、ピンクリボンウォークに参加して歩きとおした方も
いましたよ。

会場の六本木ではピンクのゼッケンを付けた人がたくさんいて、
あわやお友達に会えないかと思ったくらいの人ごみ。

ピンクリボンウォークの参加者は皆元気です。

オフ会ではランチをかねて、久々の顔合わせ。
心の休息の日です。

当日はあいにくの小雨が降ったりやんだり。
傘が手放せませんでした。

ピンクリボンウォークの会場も芝生の広場だったのですが、
部分的に泥だらけのところもあり、地面にシートを引いていました。

協賛しているスポンサーのブースでは、ピンクリボンとキティちゃんの
コラボのぬいぐるみをだっこして写真を撮ってくれたり、
抽選でピングーやメモ帳があたったり、いろいろとお土産も
もらって帰ることができました。

おなじ乳がんの仲間と会って話ができると言うのは、家族にも
なかなか率直に話せない悩みを口に出せるので、毎度の事ですが
とても気持ちが軽くなって帰ることができます。

その反面、乳がんに関したブログを書いてきた身としては、
手術後年数を経過するごとに、ブログに書いてよいこと、いけないことを
考えるようになってしまって自由にかけないと言うのも自分ひとりでは
ないんだと知ることができました。

私も、乳がん発覚当時から手術・抗がん剤などの治療の最中は
この乳がんブログは自分の気持ちのはけ口のように、何でも
書きたいことを書いていたのですが、今思うと、自分と同じ状況の人
ばかりではないのだよねと気付かされます。

同じ状況で違う治療法を選択した人にとっては、マイナスの情報
かも知れないと思うと、ちょっと慎重にならなくちゃいけないのかとも
思います。

でも、ひとつのブログがすべてではないと思っているので、
たくさんの乳がん患者の中にはこんなことをしている人間も
いるんだ程度に思ってもらえたら、細々ながら続けていきたいと
思っています。

来年のピンクリボンでもたくさんの仲間と会えるのを楽しみにしています。

posted by ぽぽ at 07:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乳がん体験日記

ピンクリボンバッヂ

2009年10月06日

ピンクリボンウォークに参加した日、J・POSHでピンクリボンバッチを
もらいました。

以前プレゼントして頂いたピンクリボンバッチは夏用の黒い帽子の
再度で光っていますが、今度のバッチはどこにつけようか、
いろいろと考え中です。

ありがとうございました。

最近はどこへ行ってもピンクリボン週間とかで、ピンクリボンを
意識してデザインしたものが目に付くところですが、
ピンクリボンウォークの帰り道には、オレンジリボンのポスターを
みかけました。

オレンジリボンは幼児虐待の防止を示す物なのだそうです。

自分の好みのものをさりげなくつけて、実は思うところを
主張しているというのもなかなかいいやり方ですね。


そこから話題が広がったりしてね。

なかなか思い通りにならず、イライラすることも多いですが、
できるだけ、「そんなこともあるさ」で通り抜けていきたいと
おもっています。

先日お会いできた皆さんも、会えなかった皆さんも、みんなに
大変な事があるのだとおもうけど、一緒に頑張りましょうね。

次にお会いできる機会を楽しみにしています。

posted by ぽぽ at 06:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乳がん体験日記

乳がんでも温泉好き

2009年10月14日

その昔、乳がんにかかったことがわかった頃、一番ショックだった
のは温泉に入れなくなるかもしれないと思ったことでした。

旅行と言えば観光より温泉だった私には、温泉抜きのレジャーなんて
ありえないと思っていたくらいです。

でも、ちょうどその頃の新聞で乳がんを経験した方が集まって
温泉に入る会を開いていたことをしりました。

乳がんになったって、温泉にも入れるんだとうれしかったのはもちろん、
その後たくさんの人とお知り合いになって、片胸でも堂々と温泉に
いけることを知ったときは目からウロコの気持ちでした。

乳がんになって、手術を受けたからと言っても、悪いことをしたわけじゃ
ないし、ましてや同じお風呂に入った人に感染するわけでもないし、
何にも問題ないじゃん。

今でこそ、そう思えます。

でも、乳がんの告知を受けた当時、そんなことは思っても見ませんでした。

自分が変わったんだなあと思います。
ピンクリボン活動のおかげで周りの人の目も変わってきたのだと思います。

いくら温泉がすきでも、あまり人が多い時間は避けたいなというときもあるし、
家族風呂のほうが落ち着けるというときもあります。

今は自分の気持ちに素直になってやりたいと思えることをしたいです。

*************************

最近ブログの更新がまばらになってきて、ときどき人目にさらしたくない
コメントもあります。

いつもお世話になっている皆さんには失礼かと思いますが、コメント欄を
承認制にさせていただきました。

反応の鈍いブログで入れたはずのコメントが・・と思われることも
多々ありましたが、これからはもーちょっとニブくなる予定です。

諸事情で書き込みにもあまり行けないのですが、ご心配なく。
posted by ぽぽ at 00:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乳がん体験日記

乳がんでのホルモン治療

2009年11月16日

早いもので、ホルモン剤の治療を始めてから2年経過です。
正確にはまだ2年たったわけじゃないけど。

誰もが言うことだけど、やっぱり乳がんの治療期間って
長いです。

乳がんの告知を受けてから、いろいろ治療について悩んだり
手術までの準備をどうしようかと迷ったりしたけど、
結局、今になってみると、ホルモン治療を受けている間が
一番長くなるわけです。

ホルモン剤による治療も標準治療と呼ばれている中の
ひとつですが、他のがんと比べて使用期間が長いので
時々飲むのを忘れます。

飲み始めた頃は、ノルバデックスの飲み忘れがないようにと
工夫もしていましたが、最近は忘れたら仕方がないかと
あきらめる。

不真面目な患者です。

それでも、ホルモン剤の副作用だけはしっかりきてくれるので
メンタル系のお薬にもお世話になっています。

乳腺外科の主治医に相談していた時は、レンドルミンしか
出してくれませんでした。

でも、これは寝つきを良くするためのお薬で、あまり長い
時間は効かないのだそうです。

今、精神腫瘍科でもらっているお薬はメイラックス。
いわゆる抗不安薬の一種です。

このお薬のおかげで、朝の2時とか3時に目が覚めることが
なくなりました。

やっぱり、患者として健康でいるには(??)ある程度
自己主張もしなくちゃいけないんだなと実感。

我慢強いのは乳がんの患者でも美徳ではないのです。

ちょっと悟ったせいか、今年は早々とコートを着て出かける
ようになりました。

寒いのだって、ガマンしない。

うん、いい傾向です。

でも、子供に対してもガマンしない。

うーん、ちょっといい母とは言いがたい。


 

posted by ぽぽ at 23:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | 乳がん体験日記

目標は高く

2009年11月25日

先日は3ヶ月に一度のリュープリン注射がありました。
あわせて、血液検査も。

例によって、血管が細くて、さらに抗がん剤で十分使い古した
血管しか残っていないため、採血の方に「いつもどこから
採っていますか?」と聞かれる始末。

でも、一回でしっかり血管確保してもらえました。

こんな日はラッキーです。

ただ、連休明けで病院は非常に混んでいました。
ハッピーマンデー法(古い!)とかで、祝日が必ず月曜日に
持ってこられるというのは、ちょっと考え直して欲しいものです。

祝日のしわ寄せが行くのは、いつも火曜日になるのですからね。

待っている間、おとなりに座った方は84歳。
脳梗塞も経験して、最近乳がんを発症したと聞きました。

先日亡くなった森繁久弥さんや水之江滝子さんだって
かなりのお年。

まだまだ頑張れるわよね、とおっしゃっていました。
シャキシャキとして素敵な方だなあと思っていたら、
お若い頃には銀行勤めをしながら主婦業もこなして
いたというではありませんか。

できることなら、私もそんな風になりたいものです。

一応仕事には通っているけど、主婦業、母業、ともに
完全に手抜きの私から見たら神様みたいです。

もうちょっと年を重ねたら、そんな風に余裕を持って
話ができるのかしら。

いつかはなれるかなとちょっとだけ期待を持って、
勝手に目標にさせてもらっちゃいました。

病気に逆らわず、あとはまな板の鯉という割り切りも
必要なときがあるんですね。

できるときに自分ができることをきちんとやっていれば、
誰かがそれを見ていてくれる。

認められるときは必ず来る。

仕事の上司から言われた言葉です。

はたから見てどうであろうと構わないけど、無理をしない範囲で
できることはきちんとやれるようになりたいです。

目標はあくまでも高く、少しずつでも近づく方向に行っていれば
それで良しってところでしょうか。



 

posted by ぽぽ at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乳がん体験日記

旅行

2009年11月29日

秋を求めて旅行に出てきました。

一人旅はできないので、たくさんのお友達と一緒です。
旅行先でのんびりするなんて、入院前から考えたら
夢のようなできごとでした。

写真の共有サイトにアップロードしていますので、
参加された方には追々ご案内が行くと思います。

・・なんて、勝手に頼んでごめんね。

参加していない方にも、個人的に連絡もらえれば
共有先をお見せできるかな?

最近、なかなか自分のブログまで手が回らないので
ちょーっとお返事まで時間がかかるかもしれないけど。

今回は面識のある方限定でお願いします。

なかなか会えないけど、写真の共有サイトがあると
写真を配るのがラクで良いよね。

ただ、データ量に制限があるのが残念でした。

本当はこれも載せたかったという写真も、ちょっと
控えめになっています。

みんながそれぞれデジカメを持参したから、
集合写真を撮るときは、とっかえひっかえ「次はこのカメラ」
とお願いしていたのが結構楽しかったです。

相手の方には心からの「ありがとう」だけですが・・。

多分、ほとんどの人が家に帰るまでお天気が
もっていたようでちょっと安心です。

このブログには、みんなが忘れた頃に写真が
入ってくるかな?
posted by ぽぽ at 23:50 | Comment(1) | TrackBack(0) | 乳がん体験日記

乳がん、その後の健康診断

2010年05月11日

ふと気がつくと、もう何ヶ月という単位で更新していませんでした。

元気といえば元気ですが、気合はあまり入っていなくて、
たらたらと生活している感じです。

春は会社でも健康診断の季節で、レントゲンやら採血やら、
できることならいちどですませたいと思っていました。

今年の春、ようやく主治医に相談したところ、やはりマンモグラフィは
かかりつけの病院で検査から診断までしてもらっているので
あえて会社で受ける必要はないでしょうということでした。

ただ、採血だけは検査項目に足りないものがあって、健康診断で
受けなければいけないようです。

血管が採りにくい(とられにくい?)人間には、ヘタな看護婦さんの
採血ほど恐怖を感じるものはありません。

できることなら一度で済ませたかった。

でも、マンモグラフィと肺のレントゲンは省略できそうです。

骨シンチに比べれば被爆量はかなり少ない検査なので、気にしない
ケースもあるようですが、二重になるのも考えものですよね。

この間、同時期に手術をしたお友達が次々とブログを卒業していく中、
ほったらかしでもブログはまだ手元においておきたいと思っています。

ちょっと矛盾していますか?

乳がんの検査も3年を過ぎれば、またひとつ治療を減らすことに
なっています。

ホルモン治療ですね。

もともと、ゾラデックスを2年間注射していて、術後2年ということ
だったのですが、ゾラの開始から2年かと思っていたので、
やめる勇気がなくてリュープリンに変更してあと1年追加しました。

リュープリンはゾラと違って、12週間隔なので通院もだいぶ
楽になりましたね。

次回の3年目検査で異常がなければ、リュープリンも卒業し、
ノルバデックスだけになる予定です。

ノルバのせいか、環境の変化のせいか、イライラがとどまるところを
知りません。

子供にも申し訳ないなあと思いつつ、声を張り上げる毎日。
・・疲れています。

また、お仲間にあって檄を飛ばしてもらわなくちゃ・・。

お誘い、待っていますねバースデー

posted by ぽぽ at 22:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乳がん体験日記

3年目検診クリアです

2010年08月12日

しばらく更新しない間に3年目の検診が終わり、無事クリアで4年生と
なりました。
(数え方あってる?)

春からずっとバタバタあわただしい生活をしてきて、自分が乳がんで
あったことを思い出すのは、毎朝1錠のノルバデックスを飲むときくらい。

ちょっと環境が変わったこともあって、皆さんのブログにコメントを残す
事もなかなか出来ない状態です。

ごめんなさい。

でも、何とか元気です。みなさんはいかがですか?

今日はペルセウス座流星群がピークを迎えるとのことで、夜空を
見上げたいところですが、遠くにいる台風の影響か、なかなか雲が
すっきりとなくなってくれません。

その昔、山の中で友達数人で寝っ転がって流星を見ていたのが
とても懐かしいです。

夏といっても夜の山はなかなか冷えて、寒かったっけ。
流星がたくさん流れる夜明け前は、一番気温も下がるんですよね。

いまなら流れ星にどんな願い事をするのでしょうね。

「長生き! 長生き! 長生き!」

私自身の事か、親のことか、星だって意味が判らなくちゃ叶えてくれようも
ないでしょう。

しばらくまとまった文章を書いていないので、あちこち話が飛んじゃいます。
・・もともとその傾向はあったかな。

飲んでいる薬の影響も少しはあるのかな。

前回の診察で無事注射は卒業となりました。
飲み薬はまだまだ続くようですが・・。

このところ、夏休みに入り子供と一緒にお弁当を持参するようになりました。
子供は学童にお弁当を持っていきます。
私は仕事にお弁当持参で。

毎朝、早起きするのも大変だけど、お弁当がネタ切れになるのがなによりも
きついです。

参考にと読んだ本には、子供のお弁当は半分以上ゴハンでいいと書いて
あったので、少しはラクをしているつもりなんだけど、子供からは
「バランスが悪い」との指摘があり、なかなかスルドイじゃないかと
我が子ながら感心しています。

一番お弁当の傷みやすい季節なので、保冷剤もいれていますが、
生野菜はあまり使えないですよね。

ついつい、お料理のサイトに目が向いてしまう毎日です。

この異常な暑さ、ご自愛くださいね。

タグ:乳がん 検査
posted by ぽぽ at 22:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乳がん体験日記

2010年08月12日

しばらく更新しない間に3年目の検診が終わり、無事クリアで4年生と
なりました。
(数え方あってる?)

春からずっとバタバタあわただしい生活をしてきて、自分が乳がんで
あったことを思い出すのは、毎朝1錠のノルバデックスを飲むときくらい。

ちょっと環境が変わったこともあって、皆さんのブログにコメントを残す
事もなかなか出来ない状態です。

ごめんなさい。

でも、何とか元気です。みなさんはいかがですか?

今日はペルセウス座流星群がピークを迎えるとのことで、夜空を
見上げたいところですが、遠くにいる台風の影響か、なかなか雲が
すっきりとなくなってくれません。

その昔、山の中で友達数人で寝っ転がって流星を見ていたのが
とても懐かしいです。

夏といっても夜の山はなかなか冷えて、寒かったっけ。
流星がたくさん流れる夜明け前は、一番気温も下がるんですよね。

いまなら流れ星にどんな願い事をするのでしょうね。

「長生き! 長生き! 長生き!」

私自身の事か、親のことか、星だって意味が判らなくちゃ叶えてくれようも
ないでしょう。

しばらくまとまった文章を書いていないので、あちこち話が飛んじゃいます。
・・もともとその傾向はあったかな。

飲んでいる薬の影響も少しはあるのかな。

前回の診察で無事注射は卒業となりました。
飲み薬はまだまだ続くようですが・・。

このところ、夏休みに入り子供と一緒にお弁当を持参するようになりました。
子供は学童にお弁当を持っていきます。
私は仕事にお弁当持参で。

毎朝、早起きするのも大変だけど、お弁当がネタ切れになるのがなによりも
きついです。

参考にと読んだ本には、子供のお弁当は半分以上ゴハンでいいと書いて
あったので、少しはラクをしているつもりなんだけど、子供からは
「バランスが悪い」との指摘があり、なかなかスルドイじゃないかと
我が子ながら感心しています。

一番お弁当の傷みやすい季節なので、保冷剤もいれていますが、
生野菜はあまり使えないですよね。

ついつい、お料理のサイトに目が向いてしまう毎日です。

この異常な暑さ、ご自愛くださいね。

タグ:乳がん 検査
posted by ぽぽ at 22:57 | Comment(6) | TrackBack(0) | 乳がん体験日記

新しい事

2010年08月23日

ふと気がつくと、周囲の人がみんな自分の趣味を持っています。
でも、今私には趣味と言えるようなものが何一つないのです。

病気のせいでもないし、子供がいて忙しいという理由からでも
ないと思っています。

以前は数種類のスポーツを掛け持ちするくらい、どちらかというと
行動的なほうだったのに、結局どれも長続きしていないんです。

「時間がない」というのは大きな理由にはなるかも知れませんけど。

HANAさんのホームページで紹介されていたコーラスも、
心を惹かれているにもかかわらず、なかなか一歩が踏み出せないと
ウジウジしているところです。

この性格は困りモノだけど、付き合わざるを得ないんですよね。

自分のことだから。

言われて初めて気がついたんです。

老後の趣味だって、イザ退職して楽しめるレベルになっている
ためには、今のうちから少しずつなじんでおかなくちゃならない
なんて・・・・、確かにマトを得ています。

無趣味のまま老後を迎えるというのは、けっこうキビシイと
思っているところです。

以前、お会いしたFPの方が、今の女性は90歳過ぎるまで
生きるリスクがあるんですよ、と話していました。

そうか、長生きは経済的にはリスクのほうに入るんだ。

病気で生死を身近に見ている私には、長生きできると
いうのはうれしいことだと思っていたのですが、
昨今の住民登録の問題を見ていると、長生きもリスク
なんですね。

先細りの年金だけでは、90歳くらいになって一人じゃ
引越しもできないし、家を持っていたとしても、その家に
すみ続けるためにはヘルパーを雇うだけのお金が
なくちゃ難しいとなると、今から宝くじでもあたらなくちゃ
大変だろうなぁ・・と思ったのでした。

なにか、新しい事を始めるといっても、宝くじ頼みじゃ
ちょっと心許ないですね。
タグ:乳がん 趣味
posted by ぽぽ at 00:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乳がん体験日記
乳がんになる人は日本人の女性の20人に一人と言われています。
そんな乳がんに、かかってしまった、発見してしまった、ぽぽが乳がんの体験をつづります。乳癌なんて誰か知らない人がかかる病気という時代は終わりました。・・少なくとも私には。
乳癌にかかったら、どうしたらいいか。乳がんを調べる方法は。乳がんの治療にかかる費用はいくらぐらいか。そして、乳がんにかかる前に知っておきたかったあんな事、こんなこと。少しずつですが、全ての女性に向けて乳がんの情報をお知らせしていきます。ピンクリボン月間も根付いてきた日本で、乳がんについてちょっとだけ知っておくこともオトナの女性の基礎知識かもしれません。
プライバシーポリシー
リンク
高齢出産 マッサージ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。