白血球、次回は大幅UPできるか!?

2008年02月05日

乳がんのネットでお友達になった方々とのオフ会に参加
してきました。

というのもちょっと遅いかな。

土曜日の話です。

インターネットって、いまだに怖い所だと思っている人も
多いようです。

特に掲示板。

どんな人が書き込んでいるか、まして、閲覧だけしてい
る人がどんな人かなんて全然わかりません。

でも、私が参加している乳がんの人のための掲示板は
管理人さんがしっかり運営してくれているお陰で、とても
居心地の良い、あたたかい所です。

掲示板やブログもつくるだけつくって、あとはほったらか
しでは、悪意の人たちに荒らされてしまいますからね。


話を戻して、同じ病気の人と会ったり、話をしたりすると
いうのは、私も含めて、患者さんにとってとても良い事だ
と思います。

特に、乳がんなんて患者数は多いけれど、治療法も
さまざまで症状も様々という病気にかかると、「情報」
を持っているか、いないかで病気に対峙する気持ちが
全然変わってくると思うのです。

乳がんにかかって、病院でお医者様に診てもらう。

家族が一緒に話を聞くこともあるけれど、持てる情報は
お医者様から提示された内容だけですよね。

もちろん、お医者様は私の症状をみた上で一番適して
いると思われる治療を提示してくれるのだけど、
それが本当に良い選択なのかどうかわからない。

これって、何より比較するだけの知識がないからだと
思うんです。

乳がんに関する本を読んだり、インターネットで調べたり、
一般的な知識はわりとアクセスするのが簡単です。

それを、実際にはどんな人にどのように摘要しているか、
お医者様や看護婦さんでもない限り、そうそう知るチャン
スがありません。

少ない実例だけをあげて自分と比較するのは危険な事
だと思いますが、やっぱり、実例を知っているというだけで
自分と同じでも違っていても、ふしぎとそれなりに納得
できるんですよね。

なんて、マジメな事を考えてオフ会に参加したわけじゃ
ありません。

ムズカシイ・・と思った人、ごめんなさい。

ふだん引きこもり状態なので、たまにはお出かけして
(電車に乗って病院以外のところに行けばそれでお出かけ)
オイシイものを食べて、だれかとおしゃべりして
リフレッシュ!!!!

おしゃべりの相手が話の通じる人なら、なおOK。

で、お誘いいただいて大喜びで出かけてきたのでした。

寒いし、白血球は下がるし、これまでできなかった
痛みのある口内炎はできるし、じんましんが出て
かゆいし、すっかり疲れちゃった週だったけど、
一週間の終わりに楽しい時間を持つことができて、
免疫力が大幅up。

雪の日曜日も無事乗り切れました。

この調子で、今週の抗がん剤前の血液検査も数値が
上がるといいなぁ。

タグ:白血球
posted by ぽぽ at 11:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乳がん体験日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
乳がんになる人は日本人の女性の20人に一人と言われています。
そんな乳がんに、かかってしまった、発見してしまった、ぽぽが乳がんの体験をつづります。乳癌なんて誰か知らない人がかかる病気という時代は終わりました。・・少なくとも私には。
乳癌にかかったら、どうしたらいいか。乳がんを調べる方法は。乳がんの治療にかかる費用はいくらぐらいか。そして、乳がんにかかる前に知っておきたかったあんな事、こんなこと。少しずつですが、全ての女性に向けて乳がんの情報をお知らせしていきます。ピンクリボン月間も根付いてきた日本で、乳がんについてちょっとだけ知っておくこともオトナの女性の基礎知識かもしれません。
プライバシーポリシー
リンク
高齢出産 マッサージ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。