節目検診

2008年01月25日

自治体の節目検診に行ってきました。

40歳から5年ごとに受けられる、自治体の健康診断です。

最初に問診表に書き込み、受付を済ませると2番と
大きく書かれた部屋に用紙を提出します。

すると、検尿用のカップが渡され、まずはお小水の検査。

寒いので、コートも着込んで大荷物だったけど、無料の
ロッカーがあったので助かりました。

トイレから戻ってくるとすぐに名前を呼ばれて、身長体重の
検査です。

ポケットに財布やら携帯やら入れていたので、ちょっと重め
に出るかもと思っていましたが、ちゃんと着衣分として1キロ
引いてありました。

最近の身長体重計(一緒にはかれる)って、便利ですねえ。

でも、ちょっとうっかりしていたのが、帽子。

脱毛中で尼さん状態なので、当然帽子をかぶっていたの
ですが、帽子を取らなくていいですかと聞かれて、
その時やっと気がつきました。

身長を測るのに、帽子をかぶっている人なんて、確かに
いないですね。

でも、他にも検診に来ている人もいたので、
「このままお願いします。」
と、ニット帽をかぶったまま計測してもらいました。モバQ

同じ部屋で、眼圧をはかるため、目に片方ずつプシュッと
空気を吹き付けられました。

目を閉じないでいるのもけっこう大変なものだと実感。

それから、骨密度の検査です。
乳がんのホルモン治療などで早めに閉経状態にすると、
骨粗しょう症の危険性が高いそうですね。

だから、今回の節目検診はこのためだけに来たようなもの
なのです。

初めての検査だったので、骨密度って、どうやって測るのか
興味深々でした。

かかとにジェルのようなものを塗ってもらい、足のサイズを
測るような機械にはだしの足を乗せるだけです。

あー、写真撮ってくればよかった。

今後の為に、今の骨密度は確認しておかなくちゃって思い
ました。

その骨密度の機械は、かかとをしばらく挟んでなにやら
計っていたようで、しばらくすると隣の机の上のコンピュータに
結果が表示されていました。

でも、あまり良く見えなかった。

結果は3〜4週間後に郵送になるのだそうです。

採血は右腕です。
いちいち「乳がんなので」と説明するのも面倒なので、
「こちらしか使えませんから」といったら、そのまま右腕から
採ってくれました。

眼底検査の後は心電図でした。

ほんとうに、自分が乳がん手術後だという認識が欠如して
いるのか、服を脱ぐ時になって、あ、傷跡を見られるんだ
と気が付いた私。

でも、時すでに遅し。

仕方が無いのでそのままだまって心電図の電極を
ペタペタ貼ってもらいました。

検査の担当の人も何もいわず。

「この人、乳がんだったんだ」
なんて思われていたとは感じましたが、別に知り合い
でもないし、あまり気にせず。

最後は肺のレントゲンでしたが、金属がなければ肌着は
着たままでと言われたので、傷跡をさらすこともなく
終わりました。


気がついたこと。

今まで何も感じずに健康診断を受けていたけど、やっぱり
なにか引っかかりを感じているみたいです。

私はかなり温泉好きなんだけど、もうちょっと落ち着くまでは
おあずけかなぁと感じる今日この頃です。



ちなみに、その翌日。

へーきで子供と遊んでいた私に緊急の電話が検査センター
からかかってきました。

なにごとかと思ったら、ドクターに検査結果を見てもらったら、
白血球(特に好中球)が低すぎるとのこと。

これまでに検査を受けて指摘された事が無いかなどと
聞かれ、早めに医療機関を受診した方が良いとの判断で
電話をくれたとのこと。

あーん、ごめんなさい。

抗がん剤のサイクルで、ちょうど一番下がっている時期に
検診受けちゃった。

そりゃー、心配もされるはず。
って、後から気が付きました。

チャンチャン。
posted by ぽぽ at 23:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | 乳がん体験日記
この記事へのコメント
血液検査された方はさぞびっくりされたでしょうね。普通じゃ「まじ病気!」の数値なんでしょうからね。検査に行くときはちゃんと前もって「抗がん剤してます」言わないといけないね。覚えとかなくっちゃ。

骨密度ってそんなに簡単に測れるんだね。もっと大掛かりな物を想像してました。でも足を入れるだけでどうやって測るんだろ?最近の医療機器って進んでるよね〜。
Posted by 雪だるま at 2008年01月31日 13:22
ぽぽさん、こんにちは!
こちらには初めてです。どうぞよろしく。

わたしも来週年に一度の誕生日検診に行く予定にしているのですが、心電図検査のとき上半身服を脱ぐことをすっかり忘れていました。
検診センターに病名告げるのもなんだかねえ。
それにしても白血球の件は、オドロキだったでしょうね。
Posted by あまなっとう at 2008年01月31日 20:17
実はわたしも会社の健康診断で
心電図のときのことを考えています。

ことしは傷みられるんだって・・・
既往歴に乳がんがはいる。

ショボンだったけど
叔母が友達でもなんでも思いっきり見せてやれって。そしたらその次からじろじろ
見られたりすることはなくなるからって
いってました。
叔母の友達そういう感じらしいです。
年齢がらお友達に乳がん患者とかガンに
かかった方が多いらしく
いつもそうやって私をはげましてくれます。
Posted by Kiri at 2008年02月02日 20:34
雪だるまさん
おどかすつもりじゃなかったんだけど、
ごめんなさーいって感じです。
医療の器械は日進月歩、
乳がんの治療方法も日進月歩なの
でしょうね。

あまなっとうさん
いらっしゃいませ。
検診の受付の時に問診表はあったんだけど、「その他」のチェックしか書き込む所がなくって、伝えられなかったの。
「乳がんです」って書いても良かったんだけどね。

kiriさん
こっちから開き直って見せちゃうのは
いいですよね。
叔母様、大正解だと思う。
私の病院友達も60代以上の方が
たくさんいますよ。
Posted by ぽぽ at 2008年02月04日 10:41
検診のこと、さっぱり考えてませんでした。今の病院でしか診察受けてないから、なんか当たり前になっちゃってて。

ぽぽさん、あまなっとうさん
オフ会ではありがとうございました。
あまなっとうさんとはあんまりお話できなくて残念でした。今度またゆっくりお会いしたいです。
Posted by アマリア at 2008年02月04日 17:02
ぽぽさん、こちらには初めてお邪魔します。
東京オフ会ではお世話になりました。
ほとんどお話できなくて残念でした。
また、お会いできる日を楽しみにしています。

どちらかと言えば、私は、kiriさんの叔母様みたいに、開き直って、みんなに見せてやれ!って、タイプなんですが、まだ、温泉にも行けてないし、躊躇する気持ちはありますね。
ただ、聞かれた人には、傷を見せることはないですが、乳癌で全摘したことを隠さず言ってます。同情を誘う暇も無いほどの明るさで・・・。
Posted by しおちゃん at 2008年02月04日 19:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/81607550
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
乳がんになる人は日本人の女性の20人に一人と言われています。
そんな乳がんに、かかってしまった、発見してしまった、ぽぽが乳がんの体験をつづります。乳癌なんて誰か知らない人がかかる病気という時代は終わりました。・・少なくとも私には。
乳癌にかかったら、どうしたらいいか。乳がんを調べる方法は。乳がんの治療にかかる費用はいくらぐらいか。そして、乳がんにかかる前に知っておきたかったあんな事、こんなこと。少しずつですが、全ての女性に向けて乳がんの情報をお知らせしていきます。ピンクリボン月間も根付いてきた日本で、乳がんについてちょっとだけ知っておくこともオトナの女性の基礎知識かもしれません。
プライバシーポリシー
リンク
高齢出産 マッサージ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。