乳がん患者のお正月

2008年01月08日

ほぼお正月が終わりましたね。
もう仕事が始まっている方がほとんどでしょう。

でも、乳がんで休職中の私には始まる仕事がありません。

お正月は皆さんいかがでしたか?
私は実家に帰ってのお正月でした。

子供づれで年末から三が日まで実家に滞在。
その間、家に居るのと違い、姉夫婦も子供の相手を
してくれるし、お節などの準備はしてあるし、とても
ラクなお正月でした。

まあ、家族とはそんな感じでふつうに過ごしていましたが、
親戚が来るとか、親戚の家に行くとかいうときはちょっと
違います。

特に、今は抗がん剤治療中なので特別という感じも
しますが、ちょっとお客様にお茶を出そうと立つだけでも、
「あら、大丈夫なの」
と声を掛けられます。

たしかに乳がんだけどね。

たしかに抗がん剤使ってるけどね。

でも、一応、普段と同じ生活はしてるんだけど。

なんて、ちょっとした気持ちのずれを感じながら帰ったの
でした。


でも、普段がそんな調子だから、お客さんで来たとき
くらいはゆっくり、のんびりさせてあげようという親戚の
思いやりの気持ちはたっぷり感じられて幸せでした。

ありがとう。

おじさん、おばさん、いとこたち。



いまどき、お正月といっても元旦からスーパーは開いて
いるし、福袋が出たりおもちゃ売り場がにぎやかという
以外、特別の日という感じが減ってきましたね。

地元の神社は元旦の0時からと午前中くらいは神主さん
がお払いをしてくれますが、それ以降はだれもいない
ところで、お賽銭箱も鍵のかかった戸のむこう側に
あります。

格子戸で、お賽銭箱に入れられるくらいはガラスが
抜いてあるので、かろうじてお参りはできます。

格子戸の隙間からちゃりーんとおさいせんを入れて
ガラガラと鈴をならしてお参りしてきました。

なにしろ、今年は子供を寝かせながら自分も寝て
しまったので、いつ新年を迎えたのかも知りません。

もちろん、紅白の結果も知らないままでした。

どなたか教えてくださいな。


べつに乳がんにかかったから体力が落ちたわけでも
ないのでしょうが、身体を休めるのが一番と
乳幼児と一緒に布団に入る生活をしていたら
すっかり大人の生活リズムを忘れてしまいました。
タグ:乳がん
posted by ぽぽ at 12:54 | Comment(3) | TrackBack(0) | 乳がん体験日記
この記事へのコメント
こんにちわヽ(^o^)丿

ブログお気に入りに登録させてくださいね!

こどもがいると就寝時間が早くなっちゃいますよね。ついつい一緒にねてしまう。
わたしもです〜
Posted by kiri at 2008年01月08日 13:17
乳がんのお正月・・・
9回目のお正月を迎えた私です。
実は今から地区の「新年互礼会」へ出席です。
めずらしくスーツを着てパールのイヤリング
乳がんになりしばらくは・・・
このようなお付き合い行事が大嫌いでしたが、
お陰さまで最低限度のお付き合いが出来る自分がまた戻ってきました。
田舎なので私の事情は知っている人が多いのです・・・
変な同情をされたくなくて、
いつもよりちょっとオシャレして行く私
やはりこだわっているのでしょうネ・・・
Posted by みこ at 2008年01月10日 10:29
kiriさん
子供と寝る生活は健康には良いと思うのですが、自分の時間がなくって大変なこともありますよね。
コメントのお返事が遅くなりがちですが、また遊びに来てくださいね。

みこさん
スーツにパールをつけたお姿、想像しています。ちょっときりりとした印象かしら。

いつもだらだらとジャージのような温かい格好の私も、たまにそんな服装をして出かけたら気分が変わるでしょうか。
自分へのご褒美にレストランでランチと行きたい所ですが、残念ながら相手がなく・・。
Posted by ぽぽ at 2008年01月23日 11:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/77175613
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
乳がんになる人は日本人の女性の20人に一人と言われています。
そんな乳がんに、かかってしまった、発見してしまった、ぽぽが乳がんの体験をつづります。乳癌なんて誰か知らない人がかかる病気という時代は終わりました。・・少なくとも私には。
乳癌にかかったら、どうしたらいいか。乳がんを調べる方法は。乳がんの治療にかかる費用はいくらぐらいか。そして、乳がんにかかる前に知っておきたかったあんな事、こんなこと。少しずつですが、全ての女性に向けて乳がんの情報をお知らせしていきます。ピンクリボン月間も根付いてきた日本で、乳がんについてちょっとだけ知っておくこともオトナの女性の基礎知識かもしれません。
プライバシーポリシー
リンク
高齢出産 マッサージ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。