乳がん仲間**ハーセプチンの巻

2007年10月24日

今日は2回目の抗がん剤投薬の日でした。

初めての抗がん剤よりは、緊張もしなかったけど、やっ
ぱり精神的にこたえているのか、昨日はちょっと子供に
イライラしてたかも。

子供を保育園に託し、予約時間に遅れないように出発。
・・自転車です。

最近は、駅近くの自転車置き場も様変わりして、自動車
でもないのに機械式の駐輪場が増えたのにはオドロキ。

駅前に放置するのはもってのほかですが、自転車置き場
なんてタダかと思いきや、有料なんです。

場所がたくさん必要で、単価が低い駐車場を考えると、
単価がもっと低くても、使う人が圧倒的に多くて、場所も
とらない駐輪場の方がもうかるのでしょうね。

おっと、話がそれました。

今日はじめてお会いしたのに仲間と呼んじゃうあたり、結構
ずうずうしいかもしれませんが、ハーセプチンを投与してい
るそうです。

それも、保険がきかない「自費」という扱いです。

詳しくは聞かなかったので想像ですが、乳がんの初発で
HER2(ハーツー)がきくタイプの癌だったのでしょうね。

乳がん患者さんなら知っている方もいるかもしれませんが、
ハーセプチンというお薬は、今の日本では再発の乳がんで
ないと保険が適用になりません。

再発の方でハーセプチンが使える場合でも、とても高価な
薬なので、保険を使っても月に何万というお金が出て行く
そうです。

ただ、抗がん剤につきものの副作用がかなり少ないとのこ
と。

初回は熱が出る場合もあるようですが、吐き気やら脱毛やら
といった、うれしくない副作用が少しでもやわらげられるのな
らいいなぁと思います。

そんな、ハーセプチンですが、自費でやっていくといくらぐら
いかかると思いますか。

ハーセプチンを1年続けると300万円なのだそうです。

ひゃぁ〜!!

私には払いきれない!!

ハーセプチンは高いと聞いてはいましたが、医療費にそれだ
けかかったら、最新のガン保険でもはいっていなくちゃ、かな
りキビシイです。

乳がんにはハーセプチンなんていい抗がん剤があってうらや
ましいと思われるほかのガン患者さんもいらっしゃるのでしょうか。

でも、医療費を払えなければその治療は受けられないのです。

命の値段。
医療格差。

じつに、シビアな問題です。


そうそう、私も考えもしなかったのですが、自費でハーセプチン
を受けるということは、その治療にかかわる他の費用もすべて
自費になるのだそうです。

知っていました?

他に転移が無いか調べる検査や、身体や腫瘍マーカーの状態
を調べる血液検査など、ハーセプチン以外にかかる費用も
全部自費になるとは、びっくりでした。
posted by ぽぽ at 22:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乳がん体験日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
乳がんになる人は日本人の女性の20人に一人と言われています。
そんな乳がんに、かかってしまった、発見してしまった、ぽぽが乳がんの体験をつづります。乳癌なんて誰か知らない人がかかる病気という時代は終わりました。・・少なくとも私には。
乳癌にかかったら、どうしたらいいか。乳がんを調べる方法は。乳がんの治療にかかる費用はいくらぐらいか。そして、乳がんにかかる前に知っておきたかったあんな事、こんなこと。少しずつですが、全ての女性に向けて乳がんの情報をお知らせしていきます。ピンクリボン月間も根付いてきた日本で、乳がんについてちょっとだけ知っておくこともオトナの女性の基礎知識かもしれません。
プライバシーポリシー
リンク
高齢出産 マッサージ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。