抗がん剤の治療費って

2008年12月18日

抗がん剤の治療費って馬鹿にならないですよね。

少しくらいの貯金じゃ、あっという間に底を尽きそうです。

抗がん剤治療を受けるときって、CAFだと毎週じゃないから
健康保険からの高額医療の返金もないし、結構きつかったです。

ウィークリータキソールとか、ハーセプチンの投与だと毎週
抗がん剤の治療になるから、4ヶ月目を過ぎれば高額医療の
自己負担限度額も引き下げになるから、少しは楽になるのかな。

抗がん剤の種類ばかりは自分で好きなものを選ぶわけには
いかないけどね。

健康保険から送られてきた今年の医療費のお知らせを見ながら、
ふと、そんなことを思い出しました。

手術をした年はもちろんいろいろかかっているから、年末になると
確定申告の用意をしなくっちゃと意識していたんだけど、
今年はなんとなくぼーっとしていた私。

でも、医療費のお知らせの額を見たら、「キャー!」

今週末は領収書を集めて計算しなくちゃ。

やっぱり、日常的にそこそこの額の医療費がかかっているから、
感覚が麻痺してくるんですね。

抗がん剤だけがガンの治療費じゃないわけで、MRIやら
骨シンチなんかの検査料も実は高かったし、毎月になった
ホルモン治療の注射や飲み薬も、一年とおしてみたら
高額になっていました。

無駄に税金を寄付しないよう、ちゃんと確定申告、
行ってきます。

今になって思うけど、抗がん剤の頃はやっぱり気が張っていた
というか、知らないうちに頑張っていたみたいです。

病気に負けるもんかと意識はしていなかったけど、
抗がん剤を受けに行くたびに、付き添いを頼んだりせず、
自分ひとりで行っていたもの。

周りの人がみんなそうしていたから、それが普通だと思っていた
だけなんだけど。

抗がん剤はやっぱり大変でした。

今頃弱音?

posted by ぽぽ at 13:02 | Comment(6) | TrackBack(0) | 乳がん体験日記
この記事へのコメント
治療費、本当に高いよね。
私は毎回カードで払ってるから、なおさら感覚マヒしちゃってる。
で、銀行の残高見て、ギャ〜ッ!
今年の医療費、計算しなきゃ。
なんかすごい額になりそうだな。
早めに確定申告しなくちゃね。
Posted by アマリア at 2008年12月21日 11:12
もうそろそろ確定申告を考える時期になりましたよね。
私も今年はすごい額になりそう!!
でも確か、保険金とか高額医療費の返金があったら、それを差し引いて計算するんだよね?
私、退院早々、がん保険もらっちゃったから、差し引くと10万円いかないかも・・・
保険金申請早まったなあ〜
Posted by 猿渡りりこ at 2008年12月21日 16:18
アマリアさん
カード払いって便利だよね。ポイントもたまるし。
でも、お金が出て行く実感がないのもそのとおり!
気がつかない間に出費は増えている・・。
年末ジャンボ、当たらないかなあ。
Posted by ぽぽ at 2008年12月25日 12:09
猿渡りりこさん
そうか!保険金の申請を翌年にするって手があったのね。
気がつきませんでした。

がん保険はもらえると大きいけど、確定申告のときはあーあ、ってこともありますね。
Posted by ぽぽ at 2008年12月25日 12:12
わたしはタキソテール&ハーセプチンがかなり高額だったのが4回あったもんで今は半額程度で毎月申請できてます。
それでも毎月の自己負担は大きいよね〜
カードではらってるので去年は商品券やらポイントで2万近くたまったかな。
そうそう去年はがん保険もらったから申請できなかったわ〜
今年はやりますっ
ガンってほっときゃ死ぬのになんで難病扱いとかそういうのにならないんだろうね。
なんか国に疑問。それに画期的な一回何百万もする機械ががんセンターに
あったって庶民は使えないんですけど(+o+)
Posted by kiri at 2008年12月26日 09:11
kiriさん
タキソテールにハーセプチンじゃ、大変だったね。
でも、毎月高額療養費申請できるようになったのね。
・・少しは救われるよね。

1回何百万の機械って一体ナニモノ?
いくら高額療養費で返してもらえるといっても無理無理。
だれのためにいれたんだろうね?
Posted by ぽぽ at 2008年12月31日 04:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
乳がんになる人は日本人の女性の20人に一人と言われています。
そんな乳がんに、かかってしまった、発見してしまった、ぽぽが乳がんの体験をつづります。乳癌なんて誰か知らない人がかかる病気という時代は終わりました。・・少なくとも私には。
乳癌にかかったら、どうしたらいいか。乳がんを調べる方法は。乳がんの治療にかかる費用はいくらぐらいか。そして、乳がんにかかる前に知っておきたかったあんな事、こんなこと。少しずつですが、全ての女性に向けて乳がんの情報をお知らせしていきます。ピンクリボン月間も根付いてきた日本で、乳がんについてちょっとだけ知っておくこともオトナの女性の基礎知識かもしれません。
プライバシーポリシー
リンク
高齢出産 マッサージ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。