乳がんピンクリボンキャンペーンに思う

2008年10月04日

乳がんのピンクリボンキャンペーンが始まっています。

「乳がんは勇気に弱い」というコピー。
いいですね。

HANAさんのホームページで知り合った仲間と団体戦を
挑んでいる私たちには心強いひと言です。

乳がんにかかった人の体験記などをよんでいると、
最近はブログを書く人が増えているので、「医学情報」
ではない乳がんの知識が得られて、これが
結構役に立ちます。

私などはボーっとしているので、抗がん剤やホルモン治療の
副作用も副作用と気がつかないことも多々ありまして。

誰かのブログを読んだり、オフ会で話をしていて、
「えっ、その症状は抗がん剤の副作用?」
と初めて気がついたりするものです。

乳がんになっていない人は乳がんにかかった人の
ブログを読んだりすることは、あんまりないんだろうな。

と、思いつつ、10月のピンクリボンキャンペーンで
少しでもたくさんの人に興味を持ってもらって、私たちの
ブログが何かしらの参考になればと思うのです。


明日、開催される朝日新聞主催のピンクリボンシンポジウム。

参加したいと思って申し込んでいたのだけど、都合が
つかなくなってせっかく当たったシンポジウムの招待状が
無駄になってしまいそうです。

その招待状を送ってきた封筒に、ピンクリボンの説明が
書いてあって、今回、ちゃんと読み直しました。

ピンクリボンは、乳がんの早期発見、早期診断、早期治療の大切さを
伝えるシンボルマークです。

今ならひとつひとつに納得できる。

早期発見。
早期診断。
早期治療。

意味もきちんと理解しないままピンクリボンを身につけては
いたけれど、日本でも早期発見のための乳がん検診が
もっと普及したら、もっと早く見つかって、状態が悪くなる前に
治療ができるんだろうな。

一人の力でできることは、限界もすぐだけど、ピンクリボン
キャンペーンみたいな全国的行動があると、
一時的にでも意識してくれる人が増えるのはいいと思います。

いろんな建物がピンクにライトアップされるのも、普段見られ
ないだけに注目を浴びそうです。

女性も男性も、身近な人だからこそ、乳がん検診の
呼びかけをしたいですね。

posted by ぽぽ at 23:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | 乳がんの基礎知識
この記事へのコメント
全く、同意見です。
乳がんじゃない人こそ、もっとピンクリボンに興味を持って欲しいよね。
なかなか難しいことだけど、友人とかには口をすっぱくして言っています。

団体戦って言葉うれしいね。
Posted by 福ねこ at 2008年10月06日 08:59
乳がんじゃない人に興味をもってもらえるきっかけのひとつが、私たちのブログじゃないかなあと思っています。
福ねこさんみたいにジャンルを問わず来てくれる人がたくさんいるブログはまさにうってつけだと思う。
それぞれの表現方法がどれもOKというのがいいよね。
Posted by ぽぽ at 2008年10月06日 12:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107605468
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
乳がんになる人は日本人の女性の20人に一人と言われています。
そんな乳がんに、かかってしまった、発見してしまった、ぽぽが乳がんの体験をつづります。乳癌なんて誰か知らない人がかかる病気という時代は終わりました。・・少なくとも私には。
乳癌にかかったら、どうしたらいいか。乳がんを調べる方法は。乳がんの治療にかかる費用はいくらぐらいか。そして、乳がんにかかる前に知っておきたかったあんな事、こんなこと。少しずつですが、全ての女性に向けて乳がんの情報をお知らせしていきます。ピンクリボン月間も根付いてきた日本で、乳がんについてちょっとだけ知っておくこともオトナの女性の基礎知識かもしれません。
プライバシーポリシー
リンク
高齢出産 マッサージ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。