乳がんにかかったらいく病院

2008年07月01日

乳がんかなと思ったら、乳腺専門医のいる病院に行きましょう。

専門医というのは、医師免許を取った人が、さらに一定の
基準に従って、その診療科の経験を積んだときに取れる資格で、
「専門医」というためには、医者といえどもずっと勉強し
続けなくてはいけないのです。

乳腺専門医のいる施設はがん患者SS TODAYの一覧が便利です。

大元の情報は日本乳癌学会の乳腺専門医リストですが、
こちらは、病院名と施設名の一覧だけで、所在地や電話も
記載されているがん患者SS TODAYのほうが親切です。

大きな病院では、どの診療科を選ぶのかと思うかもしれません。

だいたいは、外科だったり、乳腺内分泌外科だったりですが、
病院によっては、初診のときはみんな総合診療科に
いってくださいと言われることもあるそうです。

病院を選ぶポイントとして私が考えることは、3つです。

1.信頼できるお医者さまがいること

2.通院に無理の無い場所であること

3.自分が納得できること

以前の記事にも書いたのですが、どんな病院であるかは
レストランを選ぶのと同じで、ほとんど好みの問題じゃないかと
思います。

乳腺の専門クリニックを選ぶ人もいれば、
大学病院を選ぶ人もいます。

まずは行ってみないことには、どんな病院かわかりません。

私の場合、評判だけ聞いて行ってみたら、とてもきれいな
病院だったので、ここなら入院してもいいかなと思って
決めました。

(こんな理由で決める人もあまりいないと思うけど)

自分でしこりを見つけたときは、かなり動揺していたし、
その頃は目の前に「本当にガンだったらどうしよう」って
札をぶら下げて歩いていたかんじでした。

検査をしてもらって、絶対に見落としのない病院で
みてもらわなくちゃと思って選んだのが今の病院です。

乳癌→切らなくちゃいけないと思っていたので、
病院にコンビニがあったり、施設がきれいだったりすると
ちょっとうれしかったのを覚えています。

やっぱり、「がん」という病気は治療法についても
セカンドオピニオンを取る人は他の病気に比べて
ずっと多いですよね。

でも、私の場合はかなり優柔不断なほうなので、
あえてセカンドはとらず、最初に行った病院で納得できるまで
聞きました。

仕事をしていたし、子供もいて、そんなにあちこちの病院に
行っている時間はなかったというのもあります。

きっとセカンドオピニオンを聞きに行っていたら、サードも
必要になっていたんじゃないかと思います。

情報が多すぎるのも、さばききれない人間にとっては
難しいところですね。

もし、今の病院で納得できないところがあれば、もちろん
もっと自分に合う病院を探すことは大切だと思います。

早く切らなくちゃいけないと焦るほどには、乳がんの進行は
早くないはずなので。
タグ:乳がん 病院
posted by ぽぽ at 04:45 | Comment(7) | TrackBack(0) | 乳がんの基礎知識
この記事へのコメント
ぽぽさんこんにちわ。

一番は信頼できる先生ですよね。

わたしが今通ってる病院は自分で選んだのではなく、最初にいった乳腺クリニックから
まわされてあれよあれよというまに手術、治療に入りました。地域のがん拠点病院だし、先生切るのは上手だし・・いいんだけど
術後のケアがねぇ。イマイチです。
ガン専門の看護婦さんや、相談室もあるんだけど
だんなのイトコが行った病院では
リンパ浮腫のセミナーがあったり
マンマの会があったり、術後のリハビリがあったりします。そういうところに
行きたかったよ〜
Posted by kiri at 2008年07月01日 11:33
kiriさん
セミナーやマンマの会があるなんていいですねぇ。
うちにもありません。
系列の病院で紹介してもらうのも安心かと思うのですが、術後のことまではリサーチできないから、ぜひ紹介してください。
みこさんの所みたいに患者会がしっかりしているというのも、選ぶポイントに入れても良いかもね。
Posted by ぽぽ at 2008年07月01日 12:56
はじめまして
昨年末に検診で乳癌がわかったメイと申します。4月に手術をして今放射線治療中なのですが、ぽぽさんの日記を拝見して、なんだか私のかかっている病院と同じみたいですね。この病院を選んだのはほんとに偶然でした。検診した病院ではがん治療をしていなくて、どこがいい?ってきかれて、まず薦められたのが今の病院です。結果的に良かったなと思っています。
Posted by メイ at 2008年07月01日 20:47
メイさん
はじめまして。ブログに来ていただいてありがとうございます。
同じ病院の方にめぐり合えるとは、光栄です。
ちゃんと検診を受けていらしたとのこと、見つかってよかったですね。放射線だと毎日通うのは大変かもしれませんが、はじめてしまえば終わる日も決まったようなもの。あとちょっとですよ。
来週は検査で2回ほど通院の予定です。知らないうちにすれ違っているかもしれませんね。
Posted by ぽぽ at 2008年07月02日 03:55
ぽぽさん、こんにちは〜。
私はHPで家から近い乳腺科を探し、今の主治医の写真を見て
ほとんど直感で決めたようなものでした。
結果的に関西ではかなり有名な若手の乳腺外科医でよかったのですが、
有名であることより、「心」のある先生だったから本当によかったと
思いました。
がん専門看護師さんも常にサポートしてくださり、小さな病院ですが私にはぴったりだったかも。
長い治療だし、先生との相性は大事ですよね。
Posted by くりりん at 2008年07月02日 16:01
くりりんさん
ピピッとくるお医者様に出会えてよかったですね。
ときどき、人間の本能は必要なものを引き寄せるんじゃないかと思うことがあります。
くりりんさんの直感も大当たり。
私も先は長いけど、ゆっくり進みます。
Posted by ぽぽ at 2008年07月04日 13:24
余計なおせっかいだと思いますが!
もしお気を悪くしてしまったら申し訳ないです。
ピンクリボンの後援会でシイタケで乳がんが完治したと発表したのを聞いた事があります。
あと脂肪からエストロゲンが産出されるそうです。肥満は要注意らしいです。

医療は進歩しています。まだ使えない新技術は多く控えています。
ストレスが一番の免疫力低下につながるそうです。笑顔で乗り越えてください。
応援しています。
沖縄の片田舎より
Posted by 沖縄海岸日記 at 2008年07月21日 20:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
乳がんになる人は日本人の女性の20人に一人と言われています。
そんな乳がんに、かかってしまった、発見してしまった、ぽぽが乳がんの体験をつづります。乳癌なんて誰か知らない人がかかる病気という時代は終わりました。・・少なくとも私には。
乳癌にかかったら、どうしたらいいか。乳がんを調べる方法は。乳がんの治療にかかる費用はいくらぐらいか。そして、乳がんにかかる前に知っておきたかったあんな事、こんなこと。少しずつですが、全ての女性に向けて乳がんの情報をお知らせしていきます。ピンクリボン月間も根付いてきた日本で、乳がんについてちょっとだけ知っておくこともオトナの女性の基礎知識かもしれません。
プライバシーポリシー
リンク
高齢出産 マッサージ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。