乳がんに影響があったとは・・

2011年05月26日

東日本大震災はとてつもなく大きな被害をもたらしました。

現地で被災した乳がんの患者さんたちは、どれほど心細い
思いをしたことでしょう。

通院での抗がん剤治療も中断を余儀なくされたばかりでなく、
どんなレジメンでどこまで治療が進んでいたかも、カルテ
という記録が無くなってしまったら、お医者様でも引き継ぎは
大変だったと思います。

乳がんのお仲間が立ち上げてくれた、かつらの支援も
聞くところによるとたくさん集まったとか。

そんな話を聞きながら、やってきた薬の処方だけの通院日。

節電以外にも自分に直接東日本大震災の影響があったと
初めて知ったのです。

それは、院内処方の日数制限でした。

ホルモン感受性のある乳がんだった私は、今もノルバデックス
の服用を続けているのですが、このお薬は今まで3カ月分
処方してもらっていました。

それが、製薬工場が被災した影響でMAX30日までしか
出せないというのです。

遠方から通院している人のために、院外処方であれば
3か月の処方箋はくれるのですが、そんな事とは知らず、
我ながらのんびりしていたなあと思いました。

乳がんだけじゃないですよね。

病気を持っているのに、いつもの主治医に会えないのは
本当に不安です。

ストレスになっていることを聞いてくれる人がいるだけでも
少しは気が晴れると思うのですが、今、それだけのゆとり
があるひとがいるといいですね。
posted by ぽぽ at 23:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | 乳がん体験日記

乳がんはこわい

2011年05月16日

通院間隔が6カ月に空いてからしばらく経ちますが、先日人間ドックに
入りました。

会社で受ける春の健康診断です。

乳房は視触診と超音波での検査。

でも、通院は継続しているので、必要な検査はそちらで受ければ
十分。

・・と、思っていたのに、何やら気になる結果が送られてきました。
乳腺に腫瘤の疑い。

これだから乳がんって怖いなあと思ってしまうのです。

再発のお友達もいたし、もしかしてということもあるかもしれません。

もうじきある通院日はお薬の受け取りのみで、診察はありません。
次の通院は7月。

その時は丸4年ということで検査も予定しているのだけど、
ちょっとドキドキしちゃいますよね。

微妙に待ち時間が長いあたり、気になるけど今から検査予約を
入れてもらっても、たぶん答えが出るのはたいして
変わらないかも。

半分は開き直っているつもり。

最近、食欲が増進してきて、メタボ検査(ウエスト周り)も
結構増えていて、
自分でも不思議なくらい甘いものに手が出るようになりました。

これは、もう少し節制しなさいという天のお告げかしら・・

早速、今日は子供と遊びにいった公園でツイスト運動に
精を出してきちゃいました。

(その程度で減らせる数字じゃないと思うんだけど)

運動はしたいと思いつつ、全然やっていない現実。

どうやってテコ入れしたらいいんでしょうね。



 

タグ:乳がん 再発
posted by ぽぽ at 00:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乳がん体験日記
乳がんになる人は日本人の女性の20人に一人と言われています。
そんな乳がんに、かかってしまった、発見してしまった、ぽぽが乳がんの体験をつづります。乳癌なんて誰か知らない人がかかる病気という時代は終わりました。・・少なくとも私には。
乳癌にかかったら、どうしたらいいか。乳がんを調べる方法は。乳がんの治療にかかる費用はいくらぐらいか。そして、乳がんにかかる前に知っておきたかったあんな事、こんなこと。少しずつですが、全ての女性に向けて乳がんの情報をお知らせしていきます。ピンクリボン月間も根付いてきた日本で、乳がんについてちょっとだけ知っておくこともオトナの女性の基礎知識かもしれません。
プライバシーポリシー
リンク
高齢出産 マッサージ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。