乳がんでも温泉好き

2009年10月14日

その昔、乳がんにかかったことがわかった頃、一番ショックだった
のは温泉に入れなくなるかもしれないと思ったことでした。

旅行と言えば観光より温泉だった私には、温泉抜きのレジャーなんて
ありえないと思っていたくらいです。

でも、ちょうどその頃の新聞で乳がんを経験した方が集まって
温泉に入る会を開いていたことをしりました。

乳がんになったって、温泉にも入れるんだとうれしかったのはもちろん、
その後たくさんの人とお知り合いになって、片胸でも堂々と温泉に
いけることを知ったときは目からウロコの気持ちでした。

乳がんになって、手術を受けたからと言っても、悪いことをしたわけじゃ
ないし、ましてや同じお風呂に入った人に感染するわけでもないし、
何にも問題ないじゃん。

今でこそ、そう思えます。

でも、乳がんの告知を受けた当時、そんなことは思っても見ませんでした。

自分が変わったんだなあと思います。
ピンクリボン活動のおかげで周りの人の目も変わってきたのだと思います。

いくら温泉がすきでも、あまり人が多い時間は避けたいなというときもあるし、
家族風呂のほうが落ち着けるというときもあります。

今は自分の気持ちに素直になってやりたいと思えることをしたいです。

*************************

最近ブログの更新がまばらになってきて、ときどき人目にさらしたくない
コメントもあります。

いつもお世話になっている皆さんには失礼かと思いますが、コメント欄を
承認制にさせていただきました。

反応の鈍いブログで入れたはずのコメントが・・と思われることも
多々ありましたが、これからはもーちょっとニブくなる予定です。

諸事情で書き込みにもあまり行けないのですが、ご心配なく。
posted by ぽぽ at 00:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乳がん体験日記

ピンクリボンバッヂ

2009年10月06日

ピンクリボンウォークに参加した日、J・POSHでピンクリボンバッチを
もらいました。

以前プレゼントして頂いたピンクリボンバッチは夏用の黒い帽子の
再度で光っていますが、今度のバッチはどこにつけようか、
いろいろと考え中です。

ありがとうございました。

最近はどこへ行ってもピンクリボン週間とかで、ピンクリボンを
意識してデザインしたものが目に付くところですが、
ピンクリボンウォークの帰り道には、オレンジリボンのポスターを
みかけました。

オレンジリボンは幼児虐待の防止を示す物なのだそうです。

自分の好みのものをさりげなくつけて、実は思うところを
主張しているというのもなかなかいいやり方ですね。


そこから話題が広がったりしてね。

なかなか思い通りにならず、イライラすることも多いですが、
できるだけ、「そんなこともあるさ」で通り抜けていきたいと
おもっています。

先日お会いできた皆さんも、会えなかった皆さんも、みんなに
大変な事があるのだとおもうけど、一緒に頑張りましょうね。

次にお会いできる機会を楽しみにしています。

posted by ぽぽ at 06:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乳がん体験日記

ピンクリボンウォーク

2009年10月04日

ピンクリボンウォークに行ってきました。

と言っても、参加したわけではく、ピンクリボンウォークの
会場までは行ったのですが、そこからウォークの皆と
一緒にスタートして、そのままオフ会という流れでした。

もちろん、ピンクリボンウォークに参加して歩きとおした方も
いましたよ。

会場の六本木ではピンクのゼッケンを付けた人がたくさんいて、
あわやお友達に会えないかと思ったくらいの人ごみ。

ピンクリボンウォークの参加者は皆元気です。

オフ会ではランチをかねて、久々の顔合わせ。
心の休息の日です。

当日はあいにくの小雨が降ったりやんだり。
傘が手放せませんでした。

ピンクリボンウォークの会場も芝生の広場だったのですが、
部分的に泥だらけのところもあり、地面にシートを引いていました。

協賛しているスポンサーのブースでは、ピンクリボンとキティちゃんの
コラボのぬいぐるみをだっこして写真を撮ってくれたり、
抽選でピングーやメモ帳があたったり、いろいろとお土産も
もらって帰ることができました。

おなじ乳がんの仲間と会って話ができると言うのは、家族にも
なかなか率直に話せない悩みを口に出せるので、毎度の事ですが
とても気持ちが軽くなって帰ることができます。

その反面、乳がんに関したブログを書いてきた身としては、
手術後年数を経過するごとに、ブログに書いてよいこと、いけないことを
考えるようになってしまって自由にかけないと言うのも自分ひとりでは
ないんだと知ることができました。

私も、乳がん発覚当時から手術・抗がん剤などの治療の最中は
この乳がんブログは自分の気持ちのはけ口のように、何でも
書きたいことを書いていたのですが、今思うと、自分と同じ状況の人
ばかりではないのだよねと気付かされます。

同じ状況で違う治療法を選択した人にとっては、マイナスの情報
かも知れないと思うと、ちょっと慎重にならなくちゃいけないのかとも
思います。

でも、ひとつのブログがすべてではないと思っているので、
たくさんの乳がん患者の中にはこんなことをしている人間も
いるんだ程度に思ってもらえたら、細々ながら続けていきたいと
思っています。

来年のピンクリボンでもたくさんの仲間と会えるのを楽しみにしています。

posted by ぽぽ at 07:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乳がん体験日記
乳がんになる人は日本人の女性の20人に一人と言われています。
そんな乳がんに、かかってしまった、発見してしまった、ぽぽが乳がんの体験をつづります。乳癌なんて誰か知らない人がかかる病気という時代は終わりました。・・少なくとも私には。
乳癌にかかったら、どうしたらいいか。乳がんを調べる方法は。乳がんの治療にかかる費用はいくらぐらいか。そして、乳がんにかかる前に知っておきたかったあんな事、こんなこと。少しずつですが、全ての女性に向けて乳がんの情報をお知らせしていきます。ピンクリボン月間も根付いてきた日本で、乳がんについてちょっとだけ知っておくこともオトナの女性の基礎知識かもしれません。
プライバシーポリシー
リンク
高齢出産 マッサージ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。