睡眠不足

2009年08月29日

近頃、かなり睡眠不足です。

・・こんな時間にブログを書いていることからもわかって
しまいますが、いわゆる途中覚醒形の睡眠障害とでも
いうのでしょうか。

いつもどおり子供たちと10時くらいには寝るのですが、
1時とか2時にはもう目が覚めてしまいます。

ふつうなら途中で目が覚めたらまあ、トイレにでもいって
また寝るかとなるのですが、寝付けない。

仕方がないからモゾモゾと起き出してパソコンをみたり
雑誌やカタログなんかを見て時間をつぶしています。

でも、眠れなくなってからそろそろ1ヶ月。

仕事中についウトウトしてしまうこともあって、ちょっと
ヤバイです。

前回の主治医の診察の時に、睡眠薬を出してもらう
はずだったのですが、おしゃべりしている間に忘れられて
しまったようで、会計の時に気がついたけど結局
お薬ももらわないまま帰ってしまったのでした。

なんせ、暑い時期だから、初めのうちはまた寝苦しくて
起きちゃったくらいにしか思っていなかったのですが、
どうもそうではないらしい。

ずいぶん前にもらったレンドルミンなんかを引っ張り出して
飲んだりしています。

でも、同じ睡眠薬といっても入眠にきくものと長時間きく
中途覚醒向きのものがあるらしくて、レンドルミンで
いいのかなぁと思ったりもします。

次回、診察に行ったら絶対にお薬もらってこなくちゃ。

気分的には心療内科にかかった方がいいのかなと
いう感じもしますが、お薬の飲みあわせなんかも
気になるので、初めから説明するのが面倒なんです。

ホルモン療法の副作用でもあることだし、主治医に
言えばいいかなと。

女性ホルモンって、肌の調子だけじゃなくてこんなところにも
作用しているんですね。

気分が落ち込むのも女性ホルモンが減っているせいだし、
人間の体のバランスの不思議さを見た気分です。
タグ:睡眠
posted by ぽぽ at 04:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乳がん体験日記

アロマテラピー

2009年08月23日

HANAさんの掲示板で紹介されていた、アロマテラピーの
講習会に参加することにしました。

乳がん患者の為のアロマテラピーということで、乳がんに
なってからちょっとアロマテラピーが怖くなっていた私も
ちゃんと勉強しようかと思ったわけです。

というのも、以前、妊娠中には向かないアロマテラピーが
あるというのを聞いたからです。

妊娠中はホルモンに影響する一部のアロマエッセンスは
使ったら良くないのだということでした。

だったら、ホルモンの影響を受けるタイプの乳がんだって
同様に使ってはいけないアロマエッセンスがあるんじゃ
内科と思ったからです。

でも、乳がん患者の為のアロマテラピーの本なんて、
なかなか見つかるものじゃないし、わからないものには
近づかないでおこうというわけで、もともと興味のあった
世界ですがほったらかしになっていました。

でも、今度の講習会の先生はアロマテラピストであり、
「ガンを癒すアロマテラピー」という本も書いている方の
ようです。

ちゃんと教わって正しく使えはアロマテラピーもイライラ
ぐずぐず続きの生活を変えてくれるんじゃないかと
期待しています。

なにしろ、眠れないから始まって、中途覚醒で真夜中の
2時頃に目が覚めてしまったり、朝もボーっとしているから
誰もいない部屋にエアコンを付けっぱなしで出かけたり。

・・夕方帰ってから「あれ?なんか玄関が涼しい」と
気がついたりすることが何度も続き、イヤになっちゃいます。

部屋が片付かないのも、もしかしたら天然の片付けベタ
のせいかと思いつつも、いやいや、きっと飲んでいる薬の
影響だと責任をなすりつけたりという今の生活を
ちょっとでも見直せるようになりたいなあというのが
セミナー参加の目標です。
posted by ぽぽ at 06:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乳がん体験日記

乳がん患者の新型インフルエンザ対策?

2009年08月20日

乳がんの患者は新型インフルエンザにどう対処したらいいのでしょうね。

日本癌学会の発表が厚生労働省のHPに出ていました。

乳がんだけが対象ではありませんが、それによると、

今般、世界中で新型インフルエンザが流行いたしております。
がん患者さんは一般に免疫状態が十分でない方々が多く、
新型インフルエンザに 対してもハイリスクグループ群として
お考えいただき、日常診療におかれましても、 より一層
周到な感染予防対策や診療をお願いいたします。

と書いてありました。

乳がん治療中のことを考えると、(今も治療中ではありますが)
抗がん剤にしろ、放射線にしろ、免疫力が落ちているのは
誰の目にも明らかでした。

こんな状態で新型インフルエンザが大流行しようものなら、やはり
準備はしておくに越したことはないようです。

でも、ホルモン治療中の今、とりあえず白血球数は従前のレベルまで戻り、
それ以外の免疫力に関する項目はよく知らないという状態で、新型
インフルエンザに対してどんな備えをすると良いのか、よくわかりません。

上記の文を読むと、癌にかかったことのある人は全般的に新型インフルエンザ
には注意をしておいたほうが良いとも読めそうです。

乳がんのホルモン治療は強い副作用にはいたらないものの、やはり
薬を投与しているわけだし、身体に影響が出ていることを考えると
抵抗力の弱い高齢者や乳幼児並みには考えたほうがよいのでしょうか。

まずは手洗い・うがいで例年のインフルエンザ対策をしておこうかなと
思います。

春に新型インフルエンザがフェーズ●なんて聞いていたころは、
まだまだ遠い先の話のように思っていましたが、夏の暑い時期でも
これだけ感染者が増える新型インフルエンザだと思うと、やっぱり
マスクの買い置きくらいはしようかと思うわけです。

・・なんて言ってももうマスクはあまりお店にないんだけど。

一乳がん患者としての考えを書きましたが、私も医療の専門家では
ありませんので癌患者はどうするべきとはいえません。

でも、もともと免疫力が落ちているから癌細胞がひろがったという
「体質」なのだとしたらやっぱり要注意ゾーンかなあと思うのですが・・。

posted by ぽぽ at 06:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乳がん体験日記

2年目検診

2009年08月13日

9日のオフ会に続いて、11日は2年目検診の結果を聞く日でした。

最近、ブログの更新をサボっているので、とりあえずご報告。

スケジュールの関係で歯医者の予約も同じ日になってしまったため、
病院から病院への移動に大忙し。

タイムトライアルのようでした。
すべての検査結果は○。
転移、再発など見つかりませんでした。
一安心といったところです。


さて、現在続いている治療はホルモン治療だけなのですが、
その内容も変化が見られました。

まずはゾラデックス。

ゾラデックスは月に1回の注射なのですが、普通は乳がんの術後2年間
継続すると聞いていました。

今回の診察で無事2年をクリアしたので、終わらせてもいいよというお話。

私は、てっきり注射を打ち始めてから2年間だと思っていたので、ゾラデックス
の利用期間については予想外。

念を入れて治療するならもう一年延ばしてもいいとのこと。

さらに、リュープリンの3ヶ月製剤の利用もできるとかで、一気に
選択肢が広くなりました。

ホルモン注射も1ヶ月に1回よりは3ヶ月に1回で済むほうが、通院も
含めて楽になります。

それから、飲み薬のノルバデックスですが、これもジェネリックのタスオミンに
変更しても良いとのこと。

ノルバデックスに比べると、タスオミンのほうがお薬代も半分くらいですむとか。
ジェネリックはお財布にやさしいのを実感しました。

これから、主治医にもらったパンフをよく読んで、ジェネリックに変更するか
それとも今までどおり行くか、検討する予定です。

ゴールデンウィーク以降、いろいろあってちょっと余裕がなかったのですが、
なんとかフッカツできそうです。

posted by ぽぽ at 02:34 | Comment(4) | TrackBack(0) | 乳がん体験日記
乳がんになる人は日本人の女性の20人に一人と言われています。
そんな乳がんに、かかってしまった、発見してしまった、ぽぽが乳がんの体験をつづります。乳癌なんて誰か知らない人がかかる病気という時代は終わりました。・・少なくとも私には。
乳癌にかかったら、どうしたらいいか。乳がんを調べる方法は。乳がんの治療にかかる費用はいくらぐらいか。そして、乳がんにかかる前に知っておきたかったあんな事、こんなこと。少しずつですが、全ての女性に向けて乳がんの情報をお知らせしていきます。ピンクリボン月間も根付いてきた日本で、乳がんについてちょっとだけ知っておくこともオトナの女性の基礎知識かもしれません。
プライバシーポリシー
リンク
高齢出産 マッサージ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。